徐々に距離を詰める病魔|コレステロールの値を下げて成人病を予防

食事と肝機能がポイント

男の人

基準量を超過すると危険

コレステロールときくとよくないイメージが先行します。しかしコレステロールがすべて体に悪影響を及ぼすのではなく、コレステロールの基準値を超過している状態がからだに悪影響を及ぼすのです。したがって、基準内が体内に存在することは正常なことであり、気にすることではありません。コレステロールの中にも善玉と悪玉があります。そのバランスが保たれている状態は良好な状態であり、体にとって好影響を及ぼします。しかし善玉が40ミリグラム以下、悪玉が140ミリグラム以上になると治療が必要な状態になります。動脈硬化などの病気に進展する可能性が極めて高くなりますので、早期にコレステロールの改善が必要になります。改善方法は主に食事になります。

肝機能の維持にも注意

コレステロールの多い食品を常に摂取すると治療が必要な状態まで数値が上昇します。乳製品や生クリームなど、たらこやイクラなどの食品はとても含有量が多いため、好んで食すると危険性が高まります。しかし食事だけではなく肝臓も要因となります。体に必要な分のコレステロールは肝臓で生成されます。しかし肝臓が異常状態になっていると生成される量が多くなってしまい、これも要因となります。したがって、食事だけでなく、肝臓に負担をかけない生活習慣も大事になります。飲酒を好む人は特に注意が必要なのです。逆にコレステロールを下げるためには肝機能を正常に保つことを心がけるとともに、下げることに効果のある青魚などの食品を摂取することです。